読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の糧となりたもうことなかれ

特に何がとか言った意味はなく只々気の赴くままに

アメリカ留学での一番の失敗

実は私アメリカに留学しちゃってたりします。

 

さて、かの有名なシェイクスピアさんは著書「ハムレット」にてこんな言葉を残しています。

「人生は選択の連続である。」

朝一時間多く眠るか、早く起きるかなんて小さな選択に始まり、朝ごはんを食べるか。食べるなら何を食べるか、今日は何をするか。

例を上げていけばキリがありません。

 

そんな選択の中私にとって、一番大きな選択はアメリカ留学でした。そこで私は一つの大失敗をしていました。

今日はそんな失敗の話をしていきましょう。

 

アメリカ留学をする際手段はいくつかあると思います。

大学に在籍してるなら、交換留学

していないなら、正規留学(留学関係者にはこんな言葉が使われていますが、アメリカの大学に入学することです。ほかが正規じゃないみたいなニュアンスになってしまうので、あまり好きではないですがこれ以外の表現が見つからないです)

どちらにもかかわらず語学留学

主なものはこの3つです。

 

私は二番目、正規留学をしています。そのときの方法が私の失敗でした。

私は留学エージェントを利用したのですがその会社が外れでした。この時代星の数ほどなんてことはありませんが、いくつか留学斡旋業者の選択肢があります。

新宿にあるグローバルスタディ、同じく海外留学推進協会。他にも広島にあるアメリカンドリーム。あと栄陽子留学研究所とかもあります。

 

私はグローバルスタディを利用したのですが、いろいろな人の話を聞くに海外留学推進協会が最も良心的な気がします。只栄陽子留学研究所は除きます。というのもここだけ身近な人で、利用者がいませんでした。

もちろん海外留学推進協会が良心的というのも理由がありまして、グローバルスタディもアメリカンドリームも収入を得るためだけの留学英検(実際それだけってことはないんでしょうが……)というものを受けさせられます。

それが無料ならまだいいんですが、30万も取られます。何なら、30万円分本屋さんで英語の教材を買い漁ったほうが、まだ建設的な気がします。

 

だんだん愚痴っぽくなってきたので閑話休題

 

その点海外留学推進協会はそういった教材がないそうで、単純に搾取される額が少なく思えます。といっても、一人しか利用者の知り合いはいないので、本当にないのかは少し怪しいです。ただ私がもう一度やり直せるならばここをきっと選ぶでしょう。

 

グローバルスタディを選んでしまったのは私の失敗の一つです。

 

お後がよろしいようで